社員紹介
ジェネラル職

ギブ・アンド・テイクの精神で
営業と連携し、TS CUBIC CARD会員獲得を推進

PROFILE

MITSUMASA
OKUMURA

奥村 光将

販売金融本部 カード推進部
2014年入社 法学部卒

ABOUT

TOYOTA
FINANCE

トヨタファイナンスの魅力

当社は、ワークライフ・バランスのとれた働き方をしたいという方に、最適な環境です。業務効率を追求し、極力「残業はしない」という姿勢が根付いていますし、夏季休暇や年末年始休暇だけではなく、半期に1回5日以上のリフレッシュ休暇を取得することができるので、私もよく遠方に旅行に行っています。

販売店の動向に目を配り、
カード会員の獲得につながる仕掛けをつくる

私たちはトヨタ販売店に対し、カード会員の新規獲得・利用を推進する役割を担っています。TS CUBIC CARDはトヨタ販売店が入会の窓口となるケースが大半のため、いかに販売店のスタッフさまからお客さまへご提案いただけるかが、会員獲得の鍵となります。私の担当は、北海道と中国・四国エリア。参考資料や販促ツールを制作し、営業担当者と連携しながらカード会員の獲得につながる仕掛けをつくっています。

私は、日報で実績の変動を見ながら、担当支社内の販売店の動きに目を配っています。獲得数が大きく伸びている販売店があった場合は、営業担当者にアプローチしてどのような取組みを行ったのかヒアリング。場合によっては、現地に足を運んで直接販売店に取材を行い、資料にまとめて担当支社に共有します。

販売店から情報をもらうだけではなく、ほかのエリア、販売店において成功事例があった場合はその情報を提供し、ギブ・アンド・テイクの関係性を意識しています。

自分のグループが企画した施策によって
販売店が動く手応え

自分のグループが企画した施策が販売店の明確な成果につながったときは、大きなやりがいを感じますね。ただ、施策を実行したからと言ってすぐに数字に表れるわけではありませんし、何が獲得数やカード利用の拡大につながったのかを測るのは難しいのが実情です。そんな中で、具体的な声やアクションとして反響が出たときはとてもうれしく感じます。

「使ってバック」という商品において、期間限定で通常より高い還元率で付与するキャンペーンを行ったときのこと。会員獲得数はもとより、販売店の収益アップにもつながった成功事例があったので、早速担当エリアの支社に情報を共有。「販売店から、『こんな良い施策があるなら、うちでもやりたい』という言葉を頂いた」と支社の営業担当者から聞いたときは、手応えを感じました。

施策の企画において、明確な解はありません。トヨタ自動車本体や販売店、支社と密にコミュニケーションをとりながら、より良い施策を実現していきたいと考えています。

ある1日のスケジュール

  • 8:00

    出社、メールチェック
  • 9:00

    社内会議(各業務の進捗状況の共有等)
  • 10:00

    資料作成(販売店の成功事例資料)
  • 11:30

    上司や同僚とランチ
  • 12:30

    支社対応(進捗状況の確認等)
  • 14:30

    販促ツールの制作
  • 16:00

    トヨタ自動車と打ち合わせ(会員獲得施策の議論)
  • 18:00

    退社
  •  

私を「彩る」
エピソード

EPISODE

トヨタグループのノウハウを学び、仕事の糧に

私たちは、トヨタ自動車の担当者と定期的にミーティングを実施し、会員獲得施策について議論しています。世界トップクラスの自動車メーカーとしてのプロ意識とノウハウから学ぶところは多く、とても刺激を受けています。別会社であるにもかかわらずマンツーマンで指導していただいた経験は私の大切な糧となりました。社内だけではなく、トヨタ自動車やグループ会社、販売店各社とのコミュニケーションによって視野を広げ、成長できる環境だと思います。

OTHER PEOPLEその他のジェネラル職の先輩社員

  • 花田 亮

    関東支社
    2005年入社 経営学部卒

  • 桑原 麻衣

    本社管理部門 経理部
    2009年入社 法学部卒

  • 荻 一貴

    カード本部 カード企画部
    2003年入社 商学部卒

  • 奥村 光将

    販売金融本部 カード推進部
    2014年入社 法学部卒

  • 安井 友規

    本社管理部門 IT企画部
    2000年入社 商学部卒

  • 武田 拓也

    信用管理本部 コレクションセンター
    2008年入社 文学部卒

  • 山本 富美子

    西日本加盟店営業部 加盟店推進Ⅱグループ
    2016年入社 文学部卒

ページトップへ