内定者プロジェクト

2018年4月入社予定の内定者の皆さんには「こんな社会人になりたい」、「こんなトヨタファイナンス社員になりたい」、そんな目標を強くもって入社を迎えて欲しいという願いのもと、内定者研修を実施しました。結果、少しずつ自分たちの想いが明確になり、内定者全員で自分たちの目指す姿、そのためにすべきことを決め、コミットすることができました。ここではその模様をお伝えします。

8月
PROCESS 1

ジブンガタリ

8月
PROCESS 1

ジブンガタリ

まず、自分の性格や特性を自身の経験を踏まえて周囲に伝えることから始めました。 自分の元なる経験をきちんと振り返ることで、自己理解につなげるだけでなく、内定者同士の特性を価値観ベースで知り合うことで、同期のつながりをより強固なものにするための研修です。

内定者のコメント

ただの自己紹介ではなく、語り手の昔の話を聞けたことで、より深くお互いを理解することができた。

モチベーション曲線を描くことで、自分の強みや弱みの根本にある実体験を発見することができた。

初対面のメンバーが多い中、ジブンガタリが終わる頃には皆気兼ねなく会話ができるようになっていた。

8月
PROCESS 2

future story work

8月
PROCESS 2

future story work

この研修は、自分が社会人としてありたい姿を、文字や写真、雑誌の切抜き等で表現してもらうものです。漠然とした各々の「ありたい社会人像」を視覚化し周囲に共有することで、「かっこいい社会人」や「憧れられる社会人」といった、目指す社会人像を自身に腹落ちさせることが目的です。

内定者のコメント

初めて自分の目指す社会人像を描き、入社後の生活にワクワクが増した。

曖昧だった自らの社会人像が写真や絵で可視化され、少し明確になった。

周囲の人たちの社会人像を見て、いろんな価値観をもった人たちがいることに驚いたとともに、おもしろさを感じた。

10月
PROCESS 3

トヨタファイナンス内定者の
約束ごと7ヶ条

10月
PROCESS 3

トヨタファイナンス内定者の
約束ごと7ヶ条

これまでの研修で内定者の中から出てきた「社会人のテーマ」をより具体的にし、「トヨタファイナンス内定者の約束ごと7ヶ条」を設定しました。

内定者が定めた「トヨタファイナンス内定者の約束ごと7ヶ条」

①周りの人を大切にする
②常に向上心を抱く
③前向きに挑戦する
④何事に対しても全力で取り組む
⑤大きな目標と小さな目標もって行動する
⑥自分から笑顔で挨拶をしっかりする
⑦あきらめずに考えぬく

内定者のコメント

内定者全員で1つの約束ごとを決めることで、同期全員の一体感が生まれたと感じた。

入社前から取り組むべきことが明確になった

迷ったり、つまずいたらこの約束ごとに立ち返ろうと思う・基本的なことしか書いてないが、実行するのは難しいものばかり。一つひとつ守っていきたい。

ページトップへ